NBA初心者が、のんびり更新で語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データでMIPを予想しよう(完成版)

163054317.jpg


というわけで下の記事の完成版です。要するに今季、得点能力がアップしたのは誰かというものですね。前回のは、昨季の成績を元にしていましたが、今回は少しがんばって昨季までの平均と今季とを比べてみました。
得点能力の向上率(各項目は48分換算)
選手名'12-'13~'11-'12向上率(%)
James Harden32.822.843.7%
Gordon Hayward24.817.442.2%
Jrue Holiday23.918.330.5%
Javele McGee25.119.528.9%
Chris Kaman24.619.227.9%
Tony Parker30.524.524.4%
Andray Blacthe25.420.921.3%
Ramon Sessions25.421.021.1%
C.J. Miles25.220.920.6%
Will Bynum24.120.120.0%
 

ぜえぜえ…俺、頑張ったよ…

ま、それはともかくこの数値でもハーデンがトップになりました。果たして計算する意味が(ry ですが面白いことが分かりましたね~

まず、ヘイワードがかなり得点を伸ばしていること。僕は、あまりというかほとんどUTAの試合は追ってないのですが、これは期待できるスコアラーが登場したのかもしれません。また、ホリデーなんかは想定の範囲内ですが、ケイマンやパーカーにはびっくりしました。確かにパーカーは好調だけれども、こんなに数値を伸ばすとは…

前回のブログでも書きましたが、セッションズやC.J.マイルズ、そしてブラッチなどは移籍効果ですかね。20%以上、数値を上げたのはお見事。

以上、私的MIPを予想しようのコーナーでした~
スポンサーサイト
コメント
おお!!これは素晴らしい!!
個人的に今年のMIPは髭とアービングの一騎討ちだと考えていたんですが、まさか得点上昇率だとアービングはランクインもしないんですね。
色んな意味で驚きです。

あとヘイワードがここまで伸びているとは知りませんでした。
これはジャズが彼を6thマンにしたのが正解だったということになりますね。

あと得点面以外なのですが、マジックのブーセビッチのリバウンドが物凄い伸びを見せているので彼にも注目しています。
2013/03/06(水) 03:47 | URL | kdu #bl/7Lt5M[ 編集]
kduさんへ
コメントありがとうございます!!!

ありがとうございます!Excel立ち上げた甲斐がありましたw

アービングは昨季、出場時間が短かったせいか、8.9%の上昇にとどまりました。やっぱりクラッチタイムでの強さが印象に残ってるせいですかね。僕もまとめてて「は?」と思いましたw
ちなみに、ウェストブルックさんは18.1%も上昇してましたよw

ヘイワードには驚きましたね~。6thマン賞、彼にも1票だれか入れてほしいなぁw

そうですね。時間があれば、リバウンドやその他もまとめてみたいです。ブロックに関してはサンダースが伸びてて、個人的に驚いてます。
2013/03/06(水) 19:45 | URL | kirk12 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kirk12

Author:kirk12
はじめまして。kirk12です。

コメント&相互リンク大歓迎です。

宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
当サイトはリンクフリーです。 しかし、コメント頂けると、とてもありがたいです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
ポチッとして下さったら、管理人が大喜びします。どうかお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

人気ブログランキングへ
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。